「みつあみ引っ張って」の歌詞 3丁目のタマ うちのタマ知りませんか?(新) ED くま井ゆう子

1994/6/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
サークル仲間なかまった
あのビーチのドライブも
いつもどおり二人ふたりだけ
こっそりげだしたね
分厚ぶあついレンズの眼鏡めがね
ギザギザむぎわら帽子ぼうし
くつ砂振すなふって きみ片手かたて
かじったライパン
いろんなまち
いろんなひと
出会であえたのは そう
全部ぜんぶ きみがいたから
みつあみって
ふざけあった二人ふたり
いまはもうもどれないけど
あんなにさわいで
どさくさにまぎれて
きついたシャツのにお
おぼえてる

むきになってさがしたね
砂浜すなはまピンクの貝殻かいがら
いま宝箱たからばこなか
そっとねむっています
なみだにゆがんだまつげ
こまったかおていた
あのきみ都会とかいはなれ
就職しゅうしょくしたときいたけど
コーヒーんで
にがいフリした
あのなつうみ
とてもまぶしかった
みつあみって
ふざけあった二人ふたり
きみとならなんでもできたね
どこにらして
ほかだれといても
あのおもなら
かがやきつづける
朝早あさはやいラッシュにゆられて
ウェーブしたかみなびかせて
なつたかそら
ひとりおよいでる
みつあみって
ふざけあった二人ふたり
いまはもうもどれないけど
どこにらして
ほかだれといても
あのおもなら
かがやきつづける