1. 魔法のじゅうたん歌詞

「魔法のじゅうたん」の歌詞 くるり

2010/7/28 リリース
作詞
岸田繁
作曲
岸田繁
文字サイズ
よみがな
hidden
きみのこと沢山たくさん ってるつもりだったな
だけど こんなにもからなくなるなんて
素敵すてき時間じかんも ありふれたあさ
今日きょう青空あおぞらだけどさみしいなんて

ぼくのこと沢山たくさん はなせばはなすほど
なぜか こんなにもからなくなるなんて

つよかいかぜほほをかすめる きみのにおいをかんじればいい

ぼくらはこんなにも沢山たくさん夢見ゆめみがちだった風景ふうけいえる

これからのことだろう

えるものすべてが みみあまるものすべてがとおくなっても はなれないで

出会であったことがすべてだったんだ

かないでピーナッツ クリームになったピーナッツ
パンと バターナイフでってべよう

それゆけピアノ 青空あおぞらって
季節外きせつはずれのつめたいかぜいても

かみろしても 笑顔えがおれてる

ぼくはここでっているからさ

ひがしからのかぜ絨毯じゅうたんのように まれたまちんでった
それでもまだ りなかったようだった
そしてぼくきみ絨毯じゅうたんで まだ世界せかいへとれてゆく
とおくなってもちかくにいるようなんだ

こころはひとつになったんだ パンとピーナツクリーム頬張ほおばって
どこへけどもおもせるならば

あいうことのさみしさと おもいやることのぬくもりを
ここにいておけばいいんだ
夢見ゆめみたようにんでゆけるから