1. 風の螺旋歌詞

「風の螺旋」の歌詞 こじ坂46(AKB48)

2014/11/26 リリース
作詞
秋元康
作曲
片桐周太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
かぜ螺旋らせん
さむそうな一枚いちまい
えだはなれ ひらりがり
えらんだ自由じゆう

ぼくたちはそばにいながら
たがいをおもいやってた
やさしさってなに?
きなのにわざとはなれて
ぎこちなくあるいた並木道なみきみち
わかすぎる二人ふたりだった

はる電車でんしゃ
あのえきころ
そうきみまち
かばんゆめだけをめながら
微笑ほほえむだろう
一人ひとり

かぜこた
落葉樹らくようじゅ って運命うんめい
わすれものにづくはずもなく
さよなら
ぼくのこ
いつのかここでおう
あおそらした 再会さいかい
それがちいさなねが

デザインのスクールくと
パンフレットせてくれたね
かがやいたひとみ
めるなんてできない
さびしがる自分じぶんのエゴよりも
きみのためすすめたんだ

おもかったコートを
てるころには
もうきみはいなくなる
しんじた地図ちずだけをただひろ
ちがみち
つけた

かぜのせいさ
正解せいかいあやまちかわからず
きみきみぼくぼくみち
すすもう
えだにずっと
しがみつくくらいならば
あいのためにはなそう
それが自然しぜんなチャンス

そんなにだまってたらぼくだって
らいでしまうよ
まよわないで
決心けっしん

かぜこた
落葉樹らくようじゅ って運命うんめい
わすれものにづくはずもなく
さよなら
ぼくのこ
いつのかここでおう
あおそらした 再会さいかい
それがちいさなねが