1. 334人の敵歌詞

「334人の敵」の歌詞 こなたP,GUMI

2012/9/5 リリース
作詞
ちゃむ
作曲
ちゃむ
文字サイズ
よみがな
hidden
はい もうわりだ いたって駄目だめ
きらわれたんだよ きっとアレだ
さあ では見繕みつくろっていたかお
ころすことにしよう

さては
最低さいていひとりぼっちってこと見抜みぬかれたんだろうか」
ってけば
あいなんてそこにいたとしても
れてしまうだろう

こわれてくのはぼくほうわるいのはきみほう
さめざめとけばひとおぼれる

んでないよ いてないよ 大嫌だいきらいなだけで
いてないよ あいもないよ とおくなっていくだけで
最初さいしょだって 最後さいごだって 気付きづけないのなら ひとねむるだけ
興味きょうみないよ しんじないよ どうせえるなら
もうおそいよ とうにないよ きてるわけすら
かんじないよ 脳自体のうじたいくさくだけだ ひとかたるだけ

「はあ もうつかれたな」いた言葉ことば
ちゅうかんではそっとまる
ずっとなにもしないなんてこと
れていたんだろう

そしてさいとかあいがないなんてなげ
けばかりにきっとねた
関係かんけいくずっていくたび
えたくなるだろう

くしたのは仕方しかたなくてもどもなくて
またぼくはここでひとびて

ごろした ぼく今日きょう対価たいかなんてあるか
さいなまれただなんて 妄想もうそうだったのでしょう
勘違かんちがいでがって まるでつちなか まるざいよう
はいになった ぼくせいかえせるのか
っていく ですら ぼく見捨みすてるか
まれたのだって 自分じぶん所為せいだとは かんはじめてた

いままでずっとわすれてた
たったひとりになっていた

くら

んでないよ いてないよ 大嫌だいきらいなだけで
いてないよ あいもないよ とおくなっていくだけで
最初さいしょだって 最後さいごだって 気付きづけないのなら ひとねむるだけ
興味きょうみないよ しんじないよ どうせえるなら
もうおそいよ とうにないよ きてるわけすら
かんじないよ 脳自体のうじたいくさくだけだ ひとかたるだけ