「君に届け」の歌詞 さくら学院

2015/3/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
とびらけたあの瞬間しゅんかんから
すべてがうごしたがしてた
いきつくひまもなくはしりぬけて
きざんできた 無重力十代むじゅうりょくじゅうだいデイズ

「まるでシンデレラ」なんてうけど
はな一日いちにちにしてかずでしょ?
いっちょまえに溜息ためいきをついても
まだまだオトナになれない

姉妹きょうだいのような距離きょりれるから
弱音よわねけば あまえもするのよ
ぐーたらなワタシしかときだけ
きゅう本気まじになる

やまのときもたにのときも
きみわらっていたい
言葉足ことばたらず ご存知ぞんじでしょ?
それでもつたえたい

きみへのおも
おもいのたけ んだ
歌声うたごえバクオンでひびかせて

きみとど
一番星いちばんぼし 見上みあげてる
夕空ゆうぞら オレンジの雲越くもこえて

だれよりもぐな
君知きみしってるから
ちゃんといていてね
ワタシ史上最高しじょうさいこうのアリガト!

無鉄砲むてっぽうなくらいが丁度ちょうどいいなんて
色々いろいろためしてみるけど
つま先立さきだちで背伸せのびをしたって
すぐにシビれてよろけちゃう

廊下ろうか鏡見かがみみるたびかんじてる
自分じぶんらしさはドコにあるんだろ?」
テンパるわたしやさしくでた
きみいかける

れのときもあめのときも
後悔こうかいはしたくない
すす勇気ゆうきくれてるのは
ほかだれでもない

きみとど
そのひとみかがやかせ
全身全霊ぜんしんぜんれい前向まえむいて

きみひび
つながっているそらした
おなじビートきざむ このハート

だれよりもむし
きみささげよう
ずっとかくしてた
ワタシ史上最高しじょうさいこうのアリガト!

きみとど
こぼれちたそのなみだ
ふわふわのタオルでつつませて

きみとど
一番星いちばんぼし 見上みあげてる
夕空ゆうぞら オレンジの雲越くもこえて

だれよりもぐな
君知きみしってるから
ちゃんといていてね
ワタシ史上最高しじょうさいこうのアリガト!