「おむすびクリスマス」の歌詞 さだまさし

1985/6/12 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
きみはもうわすれてしまったかしら
二人ふたりだけのクリスマス・イヴ
あのころ僕等ぼくらたがいのあいのほか
なにたなかった

それでも僕等ぼくら精一杯せいいっぱい
きようとしてたね
ケーキのかわりにきみがこさえた
おむすびのしおむねにしみた

おむすびクリスマス わすれない
わらながいていたきみ
おむすびクリスマス 本当ほんとう
とてもしあわせだったと あとでづいた

あれからいくつものとしかさ
別々べつべつ人生じんせい
それぞれがそれぞれのあいつつまれ
むかえているクリスマス・イヴ

ひとりでおむすびをほおばるぼく
とても不思議ふしぎそうに
みつめるちいさなひとみにいつかはなして
やるるかしら

おむすびクリスマス わすれない
わらながいていたきみ
おむすびクリスマス 本当ほんとう
とてもしあわせだったと あとでづいた