「かすてぃら」の歌詞 さだまさし

2012/6/13 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
昭和しょうわころふるさとをはな
随分ずいぶん未来みらいまでたもんだ
れたものとうしなったものと
一体いったいどちらがおおいんだろう

いつのにか得体えたいれない
もの変身へんしんしちまったようで
ててはいけないものと
てなきゃいけないものの
境目さかいめがぼやけちまった

ははがふとおくってくれた
五三ごさんやきのかすてぃら
青空あおぞらにかざしてみたら
なみだこぼれてあじがわからなかった

子供こどもころてんまでとどいた
東京とうきょうタワーがちいさくえた
ぼくおおきくなったのか
それともちいさくなったのか
ライトアップがみる

押上おしあげまでこっそり出掛でかけて
スカイツリーを見上みあげたとき
うれしい気持きもちとせつない気持きもちがざりって
東京とうきょう」ってちいさくつぶやいた

ちち大好だいすきだった
かすてぃら一切ひとき
ふるさとにかしてみたら
なみだこぼれてすこしおっぽかったな

ははがふとおくってくれた
五三ごさんやきのかすてぃら
いつのにかとお未来みらい
ぼく辿たどいてしまったようだ