1. さよなら にっぽん歌詞

「さよなら にっぽん」の歌詞 さだまさし

1995/10/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
生命せいめいげた少年しょうねん手紙てがみ
またTVがうつしている
仏蘭西ふらんす水爆すいばくのニュースととも
故郷こきょうからかえくるまれつ事故じこ
きたとげている
上九一式村かみくいしきむら中継ちゅうけいあと
黒字くろじすこるようだと
みょうなことをよろこんでいる
おもしたよう地震じしん
被災者ひさいしゃ背中せなかをかすめてゆくマイク
空港くうこう映像えいぞう
うみこうへ旅立たびだ青春せいしゅんたち笑顔えがお
このくにだれかが拳銃けんじゅうたれるなんて
さよなら にっぽん
さよなら にっぽん
ふとつぶやいたら なみだがこぼれた

うつくしいのははなそのものではなく
そうかんじるこころだと
もうだれおしえてはくれない
ゆめ見方みかたおしえるわりに
大人達おとなたちませという
ものものしかいかのように
こころおくもの
こわれやすおくもの
なんでもそろうこのくにでは
こころまでのみちとおすぎる
むかしこのくにには妖精ようせいたちがむと
しんじたひとがいた
こんなぼくのどこかにも まだんでいるのだろうか
さよなら にっぽん
さよなら にっぽん
そう文字もじいたら なみだがこぼれた
さよなら にっぽん
さよなら にっぽん
妖精ようせいたちはどんなかおわらったのだろう
さよなら にっぽん
さよなら にっぽん
このくにには妖精ようせいたちんでいる いまでも