「まほろば」の歌詞 さだまさし

1988/3/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
春日山かすがやまから飛火野とぶひのあた
ゆらゆらとかげばかりなず夕暮ゆうぐ
馬酔木あせびもり馬酔木あしび
たずねたずねた かえみち

とお明日あすしかえないぼく
足元あしもとのぬかるみをきみ
むすうつろさに
だんまだまった わかみち

かわながれは よどむことなく
うたかたのとき ながしてゆく
昨日きのう昨日きのう 明日あす明日あす
ふたたもど今日きょう

たとえばきみつと
黒髪くろかみしものふるまで
てるとったがそれは
まるでのない手紙てがみ

ぐらをさがして鹿しか
あとくろとりかねひとつ
馬酔ばよいえだむす
行方ゆくえれずの懸想文けそうぶみ

二人ふたりささえる蜘蛛くもいと
ゆらゆらとえかねてたわむ白糸しらいと
きみてるかぼくえるか
いっそ二人ふたりちようか

ときながれは まどうことなく
うたかたのゆめ ながしてゆく
昨日きのう昨日きのう 明日あす明日あす
ふたたもど今日きょう

たとえば此処ここねると
さけんだきみ言葉ことば
かならうそではない
けれどかなら本当ほんとうでもない

のぼしずけば
なにもかもうつろいって
青丹あおによし平城山ならやまそら満月まんげつ