1. もう愛の歌なんて唄えない歌詞

「もう愛の歌なんて唄えない」の歌詞 さだまさし

1984/12/12 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたのとつあさ 始発しはつ列車れっしゃって
ぼく青春せいしゅんから出来できるだけとおざかる
年上としうえのあなたにははじめから
ぼくとどかないあい
200マイルもはなれた らぬえきりよう
そしてむかしあなたのため つくったうた うたおう
教会きょうかいかねひびころ
わかれに一度いちどだけあなたのぼう

はなをちぎれないほど やさしいひと
こい無理むりよとあのあなたはった
こい上手じょうずひとたちはすこ意地悪いじわる
ぼくむねけたあなたの吐息といき
200マイルもはなれた らぬえきりたら
あなたのきなはなさえも ちぎりてて みせよう
列車れっしゃたる坂道さかみちのぼってく
とおくにあおうみひかってる
わけもなくなみだがあふれて
もうあいうたなんてうたえない