1. もーひとつの恋愛症候群歌詞

「もーひとつの恋愛症候群」の歌詞 さだまさし

1985/12/21 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
こいばれる一過性いっかせい発情はつじょう症候群しょうこうぐんける
その発病はつびょうおよ傾向けいこう対策たいさくをここでかんがなお
国籍こくせき成績せいせき月収げっしゅう貯金ちょきん単身赴任たんしんふにん
賞罰しょうばつのあるなしにかかわらずおよつぎのとおり

なにしろがつきすぎるからひとなやみまでしょいんで
つかれたあげくひとにうとましがれる A型えーがた
いたら異常いじょうやさしいけれども
めったにかずすぐ
わがままでも うらまれない B型びーがた
まわりの情況じょうきょうはひどくクールに判断はんだんするくせに
自分じぶんことなにえない AB型えーびーがた
しんじやすくだまされつづけてもうだまされるもんかと
ちかった翌日よくじつまただまされる O型おーがた

そのほかいきなりわめきちらしてかべ頭突ずつきをするケース
夜中よなかにライバルのわら人形にんぎょうにクギを場合ばあい
うみにばかやろーというつもりでこんにちわとさけんだり
突然とつぜんニヤけて気味悪きみわるがられるほうもある

なにしろこれらがある特定とくていひとちからあたえるってことは
こい一種いっしゅのエネルギーとかんがえてよい

こいにおちたら一部いちぶ例外れいがい無視むしすればおよそ
おとこおとこらしくおんなおんなっぽくなるものらしい
人相にんそう、トランプ、十二支じゅうにし、ゲタうらない、そのほかコックリさんまで
相性あいしょううらないなどになったらもうこい

相手あいてには自分じぶんあしほそながせたがるものであるし
相手あいてのあばたもえくぼにみえる ほんにこいはブラインド
べもの、ものもの、くだもの すべてこのみが
うとおもうし 毎日まいにち二人ふたり記念日きねんびになる

ところ一年いちねんねんもたたずにえてくるんですね
こいとは誤解ごかい厄介やっかいうえ苦界くがい
そのうちなんだかおたがらないひとおもえてきて
次第しだいつかれて っても欠伸あくび

はじめは電話でんわ、ラブレター、プレゼントなどできずいた
こいがいつか
長電話ながでんわ門限もんげんやぶり、おやへの反抗はんこうわりやがて
わりかん、やきもち、口論こうろん浮気うわきそして
学力がくりょく低下ていかおやいかり、やけくそ、めちゃめちゃ
ひらなお夜遊よあそび あげくは
不純ふじゅん異性いせい交遊こうゆうで AとBとCと
……しーらない

とにかくそんなふうにさめてしまったほう
きずつかずにむってわかってるんだ
かなしいね そうだろう

こいかならえてゆくとだれもがうけれど
ふたどおりのかたがあるとおも
ひとつはこころれてゆくこと そしてもうひとつは
あいというものにかたちえること

相手あいてもとつづけてゆくものがこい うばうのがこい
あたつづけてゆくものがあい わらぬあい
だからありったけのおもいをあなたに
つづけられたら それだけでいい

おそらくもとつづけるものがこい うばうのがこい
あたつづけてゆくものがあい わらぬあい
だからありったけのおもいをあなたに
つづけられたら それだけでいい

あなたに 出会であえて
こころから しあわせ です