「セロ弾きのゴーシュ」の歌詞 さだまさし

1977/7/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
Celloにはオン・ザ・ロックが似合にあうと
めもしないで用意よういだけさせて
ひとつおぼえの サン=サーンス
あぶゆびづかいそしてボウイング
まるで子供こどもようあせまでかいて
かなしすぎるほど やさしいひと
わたしはいつでも なみだうかべて
たのなあなたをつめるだけで
しあわせだった

陽気ようきなあなたのことだもの
今頃いまごろきっとくもうえ
だれかを無理矢理むりやりさそって
白鳥しらとり」をかせているかしら
のいないウィスキー 今夜こんや用意よういだけして
わたしのお相手あいては カザルスとティボー
わたしはいつでも なみだうかべて
おもだけいて 明日あすれると
わらうふり

明日あすもしもれたら
オン・ザ・ロックようのおさけがきれたので
市場しじょうこうとおもうの
ねェおもっているといいのに
もっともっとたくさん おもしかった
もう一度いちどあなたにまでかて
わたしはいつでも なみだうかべて
あなたののこした 大事だいじなCelloを
一人ひとりまも