1. ヨシムラ歌詞

「ヨシムラ」の歌詞 さだまさし

1991/6/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
こわいものなしできてたとおもってたおとうと
さけったいきおいで告白こくはくしたことがある
じつ子供こどもころのこと おな町内ちょうないんでいた
ヨシムラってやつが かなりこわかったということを

ヨシムラはたしぼくよりふたつほど年上としうえ
駄菓子屋だがしや大人おとなしい息子むすこけっしていじめっこではなく
ぼくはふとむしろぎゃくおとうとかれ怪我けがをさせたさわぎと
ひたすらあやまるおふくろの背中せなかおもしていた

なつかしきかな少年しょうねん時代じだい脇役わきやくたち
なつかしきかなワンパク時代じだい仇役かたきやくたちよ

ふくろはまだわかこえおおきくはや
たたかれてきべそをかいていたおとうと
みんな無邪気むじゃきだった あのころ

じつはそのあと故郷ふるさとかえ仕事しごとがあったので
本当ほんとうひさりにあのまちたずねてみた
学校がっこう沿いのほそみちさらせまくなってそこにあり
ヨシムラの駄菓子屋だがしや相変あいかわらずそこにあった

何気なにげなく電話でんわをするふりでなかのぞいたら
すっかりおっさんになったヨシムラがそこにすわっていたが
タバコをひとつったら無愛想ぶあいそうりをくれた
ヨシムラ少年しょうねんぼくおぼえていなかった

なつかしきかな少年しょうねん時代じだいのときめきよ
なつかしきかなワンパク時代じだいのきらめきたちよ

はらっぱも土管どかんもいじめっこもいまはなく
おもだけがすこしもとしをとらずに
袋小路ふくろこうじに うずくまっていた