1. 不器用な花歌詞

「不器用な花」の歌詞 さだまさし

1998/9/23 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
きみえらんだはなもないはな
一番いちばんきだとおもったから えらんだ
だれにあげよかちょっとまよったが
野辺のべ地蔵じぞうさんにちょっとあげた

きみえらんだゆめ途方とほうもないゆめ
一番いちばんどおいとおもったから えらんだ
すこ無理むりかとちょっとひるんだが
駄目だめ元々もともとある

くよくよするな わらいとばせ
よるなやまずにるが
明日あした ひらける みちもあろう
けないよるなどあるものか
そのうちきっと むくわれるだろう
不器用ぶきようきみはな

きみえらんだひとやさしいひと
一番いちばんきだとおもったから えらんだ
だれげよかちょっとれたので
水辺みずべ蜻蛉とんぼにちょっとげた

きみえらんだみちけわしいみち
一番いちばん綺麗きれいおもったから えらんだ
すこしきついとちょっとつかれるが
いずこもおなじだとあせをかく

がっかりするな わらいとばせ
なんとかなるさとかせ
一所懸命いっしょけんめい らしてる
まないあめなどあるものか
かならずいつか むくわれるだろう
不器用ぶきようきみはな
不器用ぶきようきみはな