「主人公」の歌詞 さだまさし

1988/3/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ときには おもゆきの
旅行案内書ガイドブックにまかせ
「あのころ」という
えきりて
昔通むかしどおり」をある
いつもの喫茶テラスには
まだとき名残なごりがすこ
地下鉄メトロえきまえには
「62ばん」のバス
鈴懸並木プラタナスなみきふる広場ひろば
学生がくせいだらけのまち
そういえば
あなたのふく
模様もようさえおぼえてる
あなたのまぶしい笑顔えがお
友達ともだちわらごえ
かれてわたしはいつでも
かならずきらめいていた

あるいは」
「もしも」だなんて
あなたはきらったけど
ときさかのぼ切符チケットがあれば
しくなるときがある
あそこのわかみち
えらびなおせるならって…
勿論もちろん いまわたし
かなしむ つもりはない
たしかに自分じぶん
えらんだ以上いじょう
精一杯生せいいっぱいいきる
そうでなきゃ
あなたに とても
とても はずかしいから
あなたはおしえてくれた
ちいさな物語ものがたりでも
自分じぶん人生じんせいなかでは
だれもがみな主人公しゅじんこう
時折ときおおもなか
あなたはささえてください
わたし人生じんせいなかでは
わたし主人公しゅじんこうだと