1. 二軍選手歌詞

「二軍選手」の歌詞 さだまさし

1989/1/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
スター選手せんしゅとのトレードで かれがこのまちたのは
さん年前ねんまえ北風きたかぜつよ午後ごごだった
合宿所がっしゅくじょまで道程みちのりを きかれたことから二人ふたり
二流にりゅう歌手かしゅ投手とうしゅ友達ともだちになった

どろまみれのかれ笑顔えがおぼく勇気ゆうきづけ
ぼくうたかれやすらぐところとなり
ともすればくじけそうな それぞれの
ゆめという自分じぶんささっていた そして

チャンスは はじぼく
オーディションにとおってレコード・デビューがまった
ぼくかれからギターをおくられた
かれ自分じぶんことのように はしゃいだ
まるで自分じぶんことのようにね

翌年よくねんはるぎに ぼくはこのまちかえった
ぼくうたすこしも れはしなかった
かれはまだ二軍ふぁーむぼくをなぐさめるかわりに
どろにまみれたいつもの 笑顔えがおむかえた

くじけそうなぼくのステージのかたわらで
時折ときおりとおくをみつめるかれがいた
ともすれば はじけそうな それぞれの
風船ふうせんみたいなゆめまもろうとするように やがて

チャンスは つぎかれ
ナイトゲーム先発せんぱつかれ名前なまえばれた
プレイボールのこえながぼく
まるで自分じぶんことみたいにふるえてた
そう自分じぶんことのようにね

かれいまスター選手せんしゅの「恋人こいびと」とばれてる
バッティングピッチャーとしてどろまみれでつづけてる
ぼくちいさな酒場さかばで こうしてうたってる
ささやかな物語ものがたりだれかにつたえたくて

だれもが夢見ゆめみるスターのポジションは
もうぼくらにあたえられることはないけど
そうしてだれためみちかをおそわったいま
じつぼくらのゆめはじまったばかり そうさ

かれこころから野球やきゅうあいしてる
ぼくこころからうたあいしてる
たとえどろまみれでてられてもわらってみせる
たぶん自分じぶんこと以上いじょうあいしてる
そう 自分じぶんこと以上いじょうにね