「人生の贈り物~他に望むものはない~」の歌詞 さだまさし

2004/5/8 リリース
作詞
さだまさし,楊姫銀
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
季節きせつはな
これほどうつくしいことに
としるまで
すこしもづかなかった
うつくしくいてゆくことが
どれほど
むずかしいかということさえ
づかなかった
もしも
もう一度いちどだけわかさを
くれるとわれても
おそらく わたし
そっとことわるだろう
わかの ときめきや
まよいを もう一度いちど
かえすなんて
それはもう
のぞむものではない
それが人生じんせい秘密ひみつ
それが人生じんせいおくもの
季節きせつはな
ひと生命いのちみじかさに
としるまで
すこしもづかなかった
ひとにくいさか
そしてきずつけて
いつかゆるあい
るのだろう
そして
言葉ことばらないとも
なってゆくのだろう
まよったぶんだけ
ふかいつくしみ
ならんですわってしず夕日ゆうひ
一緒いっしょながめてくれる
ともれば
ほかのぞむものはない
それが人生じんせい秘密ひみつ
それが人生じんせいおくもの

季節きせつはな
これほどうつくしいことに
としるまで
すこしもづかなかった
わたし人生じんせいはな
ってしまうころ
やっとはな
わたしこころいた
ならんですわってしず夕日ゆうひ
一緒いっしょながめてくれる
ともれば
ほかのぞむものはない
ならんですわってしず夕日ゆうひ
一緒いっしょながめてくれる
ともれば ほかになにも
のぞむものはない
ほかになにも
のぞむものはない
ほかになにも
のぞむものはない
それが人生じんせい秘密ひみつ
それが人生じんせいおくもの