1. 修二会歌詞

「修二会」の歌詞 さだまさし

1993/10/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
春寒はるさめ弥生やよいさん月花がつはなまだき
きみかたにはらり 良弁ろうべん椿つばき
ここは東大寺とうだいじ 足早あしばやにゆく人垣ひとがき
だれとなく独白つぶや南無なむ観世音かんぜおん おりから名残なごゆき

きみすでこおくして
そのこころ ゆらり他所よそにあり
もはや二月堂にがつどう てんげよと松明たいまつ
ほのお見上みあげつつ何故なぜきみゆきのように

はし火影ほかげ れるきみ横顔よこがお
える える える おたいまつ える

過去帳かこちょう青衣しょうえ女人にょにんけば
ぼくきみかおりゆらめく
ここは女人にょにん結界けっかい きみ格子こうしそと
いきころして南無なむ観世音かんぜおん こもりのそうくつおと

ふりけば すできみ姿すがたはなく
むねいた五体ごたいとう
もはやお水取みずとり やがてはじまる達陀だったん
みずきよめよ はらえよ このつみこのかるま

はし火影ほかげ れる あふれるなみだ
える ちょうえる える 松明たいまつ える
はし火影ほかげ れる あふれるなみだ
える える える 松明たいまつ える