1. 八ヶ岳に立つ野ウサギ歌詞

「八ヶ岳に立つ野ウサギ」の歌詞 さだまさし

2000/9/21 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
諏訪湖すわこわたかぜ
もうはるにおいがします
元気げんきですか 今日きょうきみ
何処どこかでうたっているのでしょう

六斗ろくと川沿かわぞいの
さくらはまだまだとおいね
今朝けさほど診療所しんりょうじょうぐいす
やっと地鳴じなきをはじめたところ

わる風邪かぜ流行はや
じつぼくうつされてね
看護婦かんごふ注射ちゅうしゃしてもら
僻地へきち患者かんじゃまわっている

一昨日いっさくじつ夜中よなかのこと
やまふたえたむらまで
されたらぼくほう
ねつたかかった これはわらえるだろう?

都会とかいではもれてしまうものが
田舎いなからせばえることがある
たとえば生命いのちについて
あるいはこころについて
せつないようでそれぞれうつくしい
ひとつひとつの生命いのちおも

診療室しんりょうしつかべ
相変あいかわらず美術館びじゅつかん
下手へたくそだけど子供達こどもたち
あい真心まごころあふれてる

みんなおおきくなって
いつかこのまちはなれて
まるでぼくだけ一人ひとり廃校はいこう
のこされた教師きょうしのようだよ

はな季節きせつ
みじかなつって
あきになりすぐにまた
しろふゆがやって

僻地へきち子供達こどもたち
老人ろうじん笑顔えがお
背中せなかされてちいさな医者いしゃ
今日きょう一所懸命いっしょけんめいあるいています

都会とかいではもれてしまうものが
田舎いなからせばえることがある
たとえば生活くらしについて
あるいはなみだについて
せつないようでそれぞれうつくしい
ひとつひとつの生命いのちおも

きみうたてくる
ライオンには ほどとおいけれど
こころ健康けんこうであるように
ほこりをわすれないように 今日きょうからは
八ヶ岳やつがたけウサギ」と
自分じぶん名乗なのることにしたんだ