「冬の蝉」の歌詞 さだまさし

1989/12/21 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
ときとしてひと季節きせつちがえて
まれることがある ふゆせみのように
けれどみじか時代ときかなしみもせずに
くせたらだれうそびはしない

せめて 枯野かれのめぐ
ゆめんでも
いつか ときながれをえて
真実ほんとうになる

ああ 生命いのち生命いのち ゆめゆめ
何処どこくかは かぜ

ときとしてはな季節きせつちがえて
におうことがある はやはるのように
まよきとばれて うたがいもせずに
くしたらだれうそびはしない

せめてあおそらめる
かぜいろになれ
いつかときながれをえて
むす

ああ こころこころ はなはな
何処どこるかは かぜ

せめて 枯野かれのめぐ
ゆめんでも
いつか ときながれをえて
真実ほんとうになる

ああ 生命いのち生命いのち ゆめゆめ
何処どこくかは かぜ