1. 吸殻の風景歌詞

「吸殻の風景」の歌詞 さだまさし

1977/7/10 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
ひさりね相変あいかわらず
元気げんきそうで安心あんしんしたわ
むかしようきみわらって
煙草たばこをつけて
おどろかずにいてくれる
あれからわたし
どうしたとおも
つまるところ
くとこへ
いたのわたし
まさかとおもうけど
いつまでも にしちゃ
いないでしょうね
けたはだ
しみになったところで
それはお天道てんとうさまの
せいじゃないのよ
だからそんなふう
かなしい顔今夜かおこんやだけは
して頂戴ちょうだい
わかるでしょ
あめにはだれだって
かさをさすものよ

みんなどう元気げんきでいる
わたし事覚ことおぼえてるかしら
あの頃私ころわたし
子供こどもだったから
みんなをこまらせたわ
いまになってかんがえれば
あなたはとても
ひとだった
だからこそ
くとこへ
いたの二人ふたり
ひとみなそれぞれに自分じぶん
時刻表じこくひょう
っているのよ
あなたとわたし場合ばあい
どちらかが
列車れっしゃちがえただけの
ことじゃない
だからそんなふう
自分じぶんのこといじめるのは
して頂戴ちょうだい
わかるでしょ
かぜにはだれだって
をつぶるわ

それにしても
ひさりね相変あいかわらず
やさしそうで安心あんしんしたわ
むかしようきみわらって
煙草たばこ煙草たばこ
煙草たばこした