1. 坂のある町歌詞

「坂のある町」の歌詞 さだまさし

1985/6/12 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
海辺うみべさかのあるまち
二人ふたりある出会であった
あなたは珈琲店かふぇ窓辺まどべだまりで
しずかにうみをみてた

それから高台たかだいのぼ
ふね汽笛きてきいた
あなたがいつかひとりでとおくへってしまう
そのときそんながした

びいどろ細工ざいく指輪ゆびわ
こわやすいとかっていても
きなものはきとおもいたかった
今日きょうよろこびと明日あすかなしみをくらべて
えらびなおすほど利口りこうにだけはなりたくなかった

そうしてさかのあるまち
あなたをあいはじめた

青空あおぞら さかうえくも
あなたのきな風景ふうけい
あなたがこのまちくとめた
季節きせつあめってた

かならむかえにるから
あなたのそんな言葉ことば
うそではないけどけっして本当ほんとうでもないと
そのときそんながした

びいどろ細工ざいく知恵ちえ
はずすときみたいなまなざしで
あなたわたしをみつめてた
今日きょうかなしみと明日あす希望きぼうをすりかえて
わらってあげられるほど いつか利口りこうになってしまってた

青空あおぞら さかうえくも
ひとりでうみをみてる