「夢一匁」の歌詞 さだまさし

1985/12/21 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
しずかなだまりにならんだ ささやかな鉢植はちうえのよう
老人ろうじんたちは おだやかにいてかぜいてる

とおむかしのことのほうが ずっとたしかにおもえている
とおざかる風景ふうけい何故なぜはじめて自分じぶんやさしい

まれたときははてのひらあたえてくれた
ちいさな宇宙うちゅうだけがいつも わたしささえだった

こうしていますべてをえて
しぼんだてのひらのこったのは
ちち文字もじで おまえのいのちかれた
ゆめいちもんめ

まれ生命せいめいよ すこやかにばたけ
かなしみのかずだけをけして かぞえてはいけない

ちちははつたえたあいきしめられた子供こどもたちよ
みつめてごらん そのちいさくひか
ゆめいちもんめ