「天までとどけ」の歌詞 さだまさし

1979/1/1 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
出逢であいは いつでも
偶然ぐうぜんかぜなか
きらめくきみ ぼくまえ
ゆるやかにまる
なつかしい風景ふうけい
ふたたびめぐりえた
そんながする
きみむね
はるかな故郷こきょうかぜ
いあがれ
風船ふうせんあこがれのよう
二人ふたり明日天あすてんまでとどけ
ようこそ ようこそ
ようこそぼくまち
ようこそこのあい
ふれあいの かけらが
人生じんせいえてゆく
ことばでなく
ものでもない
ひとつの出会であいから
きみさえゆるせば
ぼくあいするまち
むねときめかせ
きみのふるさとに
なりたがっている
いあがれ
風船ふうせんあこがれのよう
二人ふたり明日天あすてんまでとどけ
いあがれ
風船ふうせんあこがれのよう
二人ふたりあい てんまでとどけ
ようこそ ありがとう
ようこそぼくまち
ようこそこのあい