1. 天狼星に歌詞

「天狼星に」の歌詞 さだまさし

1989/1/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
自分じぶんだけは だませなくて
ひと夜汽車よぎしゃ旅立たびだつけれど
ひとつひとつ かぞえるえき
かずだけ不安ふあんかぞえている

それほどとおくへわけじゃない
それがかなしい理由りゆうでもない
とうさんよりもあいするひと
出来できるなんて おもわなかった

ひざ荷物にもつ二十はたち余年よねん
おもさというには かるすぎるけど
いつか何処どこかで 根付ねづいたならば
ゆるしてもらえる そうしんじてる

まどから見上みあげる夜空よぞらにひときわ
かがやほしらないけれど
あおひかりに かけてちか
なにがあっても くじけない

それほどとおくへわけじゃない
それがかなしい理由りゆうでもない
とうさんよりもあいするひと
出会であうなんて おもわなかった

とうさんよりもあいするひと
出来できるなんて おもわなかった