1. 小さな手歌詞

「小さな手」の歌詞 さだまさし

2002/6/21 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
まれたときぼくには
そのちいさなちいさなてのひら
大切たいせつそうににぎりしめてきたものがある
まれたときぼく
このちいさなちいさなからだよりも
ずっとおおきな宝物たからものきしめて
右手みぎてには永遠えいえん未来みらい
左手ひだりてには無限むげん希望きぼう
こころとおってあい
てしなくふか
いつかしらぬ
ぼくてのひらはこんなに
いつかおおきくそだったけれど
にぎりしめたものは何故なぜちいさくしぼんでしまった

まれたときだれもが
きしめてきた宝物たからものがある
使つかえば使つかうほどにえてゆく不思議ふしぎ大切たいせつなもの
右手みぎてにはあふれる元気げんき
左手ひだりてにはつよ勇気ゆうき
たった一度いちど人生じんせい
たった一度いちどだけの
いつかしらぬ
ぼくてのひらすで
とてもよごれてしまったけれど
あとすこしだけほんの一寸ちょっとだけ頑張がんばってみようかな

かり来年らいねんはるぼく
生命いのちきるとわかっても
そのつぎはるはな
明日あしたえるように
きてゆきたいと
まれたときぼくには
そのちいさなちいさなてのひら
大切たいせつそうににぎりしめてきたものがある……