「山ざくらのうた」の歌詞 さだまさし

1993/10/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
かあさんがきだった やまざくらのはな
今年ことしさとよりすこおくれて きれいにきました
あたらしいランドセル 小川おがわうつります
ねこやなぎのがふくらんで はるしずかにきました
たらのながら あなたにかれ
あるいたやまふかみどりは いまもかわらない
草笛くさぶえはなつかしい故里ふるさとうた

夏休なつやす水遊みずあそうしがえるのこえ
どろまみれでかえったとき かあさんのこまったかお
盆踊ぼんおどあたらしいかすりの浴衣ゆかた
ころんだ膝小僧ひざこぞうに あなたのあかチンキのにおいがした
むぎわらぼう カブトむし 夕立ゆうだひろった仔犬こいぬ
しかられてながらみつめた あか夕焼ゆうや
とおはな火消ひけしゆるあたりはははさと

稲刈いねかくり かきにカラスうり
やきいも りんどう そして紅葉こうよう
あのいき しろしも やがてゆき
あたたかな あたたかな あなたのような
ひざのぬくもりがわたしにも もてるでしょうか
ささやかなしあわせ くるでしょうか

かあさんのきだった やまざくらのはな
今年ことしさとよりすこおくれて きれいにきました