1. 廣重寫眞館歌詞

「廣重寫眞館」の歌詞 さだまさし

2011/7/6 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
廣重ひろしげ寫眞しゃしんかん今日きょうわるって
そんなふうがみがしてあったって
さびしげにきみうあのショーウィンドウには
町中まちなかおもかざられてたっけねって

ちちはは結婚式けっこんしき寫眞しゃしん
いもうと七五三しちごさん姿すがた
何故なぜ廣重ひろしげ浮世絵うきよえとショーウィンドウに
一緒いっしょならべられてたっけ あれやこれや

アインシュタインのおりって
自慢じまんしてたエーテル仕掛しかけの水飲みずのとりとなり
多分たぶんガーベラらしき
ホンコンフラワーのした微笑ほほえんでいた
そで姿すがたきみ ああ
ときめきはそこからだったね

廣重ひろしげ寫眞しゃしんかん今日きょうわるって
喜楽きらくていのコロッケもわっちゃったし
町中まちなかさびしがってるどのショーウィンドウにも
子供こども姿すがたうつらなくなったっけねって

そうだこれから二人ふたり寫眞しゃしんりにゆこう
「だって普段着ふだんぎなのに」ときみうけど
普段着ふだんぎのままでいいあのショーウィンドウに
ぼくらをかざってもらおうよ 結婚けっこんしようかっていた

野球やきゅうがえりの子供達こどもたち
すれちがときどこかでモクセイのかおりがした
風呂屋ふろや煙突えんとつうえしろつきふとあおげば
ヒロシゲ・ブルーのそら ああ
ときめきはこれからだからね

廣重ひろしげ寫眞しゃしんかん今日きょうわるって
そんなふうがみがしてあったって
さびしげにきみうあのショーウィンドウには…