1. 建具屋カトーの決心 -儂がジジイになった頃-歌詞

「建具屋カトーの決心 -儂がジジイになった頃-」の歌詞 さだまさし

1989/6/1 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
建具屋たてぐやカトーはこのごろ ながいスランプにおちってる
まち消防団しょうぼうだんのけいこにも ちからはいらないでいる
原因げんいんはあの無茶苦茶むちゃくちゃ消費税しょうひぜいのせいばかりでなく
勿論もちろん仕上しあげのおくれた サダ
便所べんじょとびらのせい でもない

このごろカトーは自分じぶんが ガイジンになってしまったがしてる
絶滅ぜつめつ間近まぢか朱鷺ときといううつくしいとりのように
ニッポンジンてやつがどんどんいなくなってるじゃねェかョ
ざけ くちはこながかれ
さびしそうに そう つぶやいた

マニュアル・ビジュアル・セクシャル
あいつら 都合つごうわるくなっとヨ
なんだかわけのわかんねぇ言葉ことばで ごまかしやがってヨ

なんだ トレンデーのヤングのため
スペシャル・コーデネートの
デーシーブランドの プレタポルテったって おめえ
どーゆー意味いみだか さっぱりかんねぇな

そうおもわねぇかヨ 兄弟きょうだい
そうおもわねぇか まさし おめえよ

かれすこあかくなったかお
ぼくにそうった

かれはこのごろ 子供達こどもたちかぜでなくなったとなげいてる
上目うわめづかいのさびしいつめたくわらうのをかなしんでる
原因げんいんはその母親ははおやははとして堕落だらくしたからで
勿論もちろんわるいのは そうさせた
そのおっとたちだといかってる

政治せいじ学校がっこうもTVもほんもカネも みなわるいけれど
もっともっとわるいのはそんなおやそだてたじじとばばたちだってサ
子供こどもられようと ガンコじじいやごうつくババアが
いなくなったこと世間せけん秩序ちつじょ
みだしたとかれ主張しゅちょうしている

人間国宝にんげんこくほうになる 予定よてい変更へんこうしてかれ
ため ひとために いやなジジイになる決心けっしんをした
「あ、そりゃぼく賛成さんせいだな」ってうと
そんじゃともをとりって
いやなジジイになろうじゃねェのって
大声おおごえわらった

さあ をとりって ともがろう
「さあ をとりって ともがろう
ぼくたちは まだうとおもうんです
さあみんなで ガンコじじいやごーつくババアになろう
ハンド・イン・じじい」

建具屋たてぐやカトーは 谷村たにむらさんのファンであった

としにもけず 病気びょうきにもけず かねけても ロマンはらない
いつもこころうたわすれず わか友達ともだちゆめかたろう
ひがし危険きけん子供こどもあれば あぶねーことやめろとたお
西にし生意気なまいきむすめがあれば
って やさしくをかましてあげよう

きたさびしき未亡人みぼうじんあれば ってともうめこぶちゃをすすりつつ
青春せいしゅんはこれからですよと はげまし
ついでに自分じぶんあたまもはげましてたりして
みなみまよ女学生じょがくせいあれば
あなたの人生じんせいなかで あなたが主人公しゅじんこうだよと
やさしくうたってあげよう

ひとに くそじじいとばれ
はやくくたばれと ののしられ
ほめられもせず きらわれても
けしてこころあいてない

そういうじじいに わたしはなりたい このいとしいまち
おもえばなんうつくしいくにまれてたんだろう
こうしてきているというだけでしあわせな一日いちにちがある

吹雪ふぶきごとかぜいろどさくら
天女てんにょごと夜空よぞらほたる

あいよりあおもりあお べによりあかさとあき
しずかにこころめる ゆきしろ

ああ 僕等ぼくらはこのうつくしさを このほろぼそうとしている

ああ ぼくはこのうつくしいくにあいながにくんでいる

ん~~ ちょっと マジんなっちゃったかな

建具屋たてぐやカトーとぼくは そしていつかガンコじじいになる
何故なぜわか奴等やつらがホラはなしきにあつまって
峨眉山がびさんからゴビ砂漠さばくかって しょんべんして借金しゃっきんして
しま王様おうさまむかし歌手かしゅっても
うそつけ このハゲ」かなんかわれてしまうだろう

建具屋たてぐやカトーとぼく間際まぎわことまで もうめてる
わか奴等やつらまえにして 最后さいご自分じぶんだいヒットきょくうた

故意こいに」間違まちがえたりして 最后さいごまでわらいをりにったりなんかして
そしてたからかにうたうのだ

たいした人生じんせいでは なかったけど
あ~~ 面白おもしろかった
おもいっきりきてたから
あ~~ 面白おもしろかったよ
「さあわかれのとき
世話せわんなったな
最后さいご儀式ぎしき
拝借はいしゃく
三本さんぼんめ』
協力きょうりょくありがとう
いよいよわかれのとき
さらばぢゃ」

で もう一回いっかいかえってみしたりなんかして