1. 思い出暮らし歌詞

「思い出暮らし」の歌詞 さだまさし

2010/6/9 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
あのころかったなんて くちしてうもんじゃないよ
多分たぶんおもいとこだけを「あのころ」とびたがる
「もしかしてあのとき」なんて
みたくもなるけど って
それで上手うまくいかないことだけに
「もしも」をしつける
だれだっておもらしのほういさ
いことだけならね
かすみでもって かがみないで
としだけって バカにわらって
まれてきてぬだけなんだったらそれも
未来みらいわることだけ
れてくるもんだなんておびえるなんて
うしきのおもらしにはまだまだわかすぎる

記憶きおくなかだけのヒーロー セピアいろ自分じぶん伝説でんせつ
そんなモンはやてちまって たかだかのぼくになれ
傷口きずぐちからくさるあいつ 傷口きずぐちからつよくなるあいつ
ひとつだけむねきざみたい ぼくらはいまきる
だれだっておもらしのほういさ
いやなことからげて
こころひらいて こころ
めたい 生命いのち理由わけ
折角せっかくまれてきているんだったら勿体もったいない
あのころかったはず 永遠えいえん過去かこうつくしい
うしきのおもらしなどまだまだはやすぎる

あのころかったなんて くちしてうもんじゃないよ
多分たぶんおもいとこだけを「あのころ」とびたがる