「教室のドン・キホーテ」の歌詞 さだまさし

1997/11/21 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
今年ことし卒業そつぎょう季節きせつになりましたね お元気げんきですか
わすゆきそらたびあのころれていた自分じぶんおも
えきれずにひつじれを してまよっていたころ
先生せんせいからとどいた手書てがきの 卒業そつぎょう証書しょうしょきしめていた沈丁花じんちょうげころ
ぼくあたえることをらず ただもとめてばかりいたようだ
わけもなくひときずつけ わけもなく自分じぶんきずつき
それがきることだと あきらめていた
なかすこしずつの 勘違かんちがいでっている
えばあいわずににく
そんなふうすこしずつわかってきた それはそれでかなしいけれど

去年きょねんなつ 蝉時雨せみしぐれ背中せなかされて先生せんせい
いにいったとき 「あのころわすものりにたか」とったね
ぼくにもづいたよいま 学校がっこうはあのころよりも
もっとずっと沢山たくさんかなしいわすものちていて自信じしんくしてる
時代じだいはいつもぜいとして よわいものにおそいかかるもの」
つぶやきながらあなたは それとまだたたかっていた
ドン・キホーテのようだよと わらいながら
なかぜんあくとのすれちがいでできている
いいひとつみおかしたりわるひとがいいことをすることも
あるということがわかった そうったらあなたはきながらわらった