1. 昔物語歌詞

「昔物語」の歌詞 さだまさし

1981/6/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
あのころいつもおまえおれと あの三人さんにん
さけむのも授業じゅぎょうときたびをするのも一緒いっしょ

安保あんぽとしはわからぬくせに 人並ひとなみにデモったりして
催涙さいるいガスとみずでぐしょぐしょの かおいかったりもしていた

キラキラしてたなおれたち 一所懸命いっしょけんめいだったな
まずしいけれどもさけ音楽おんがく希望きぼうにはことかかなかった

あのころおれはあのがすきで あのはおまえれていて
まえべつおんな夢中むちゅう そんな不思議ふしぎ親友しんゆうだった

おぼえているか卒業そつぎょう間近まぢか大雪おおゆきった
三人さんにんしてヤケさけんで きながらうたったあのうた

あのばんおれはあのにふられ あのはおまえにふられて
まえべつおんなにふられ 三人さんにんなぐさった

あれから十年じゅうねんぎて おれもおまえよめもらって
あのはこのはる二人目ふたりめの こどもをんだといた

ひさりにこうしておまえ手紙てがみいたのは
今度こんど東京とうきょうてゆくとき一緒いっしょもうとおもって

あのころみたいに三人さんにん十年じゅうねん時間じかんって
きながらうたえたらいいね おものあのうた
きながらうたえたらいいね なつかしいあのうた