1. 春女苑歌詞

「春女苑」の歌詞 さだまさし

1987/2/10 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
今年ことしもまたきました あなたにてるはるじょおん
だからいまもまだあなたと らしているみたい
はなにははなかなしみが ひとにはひとくるしみが
いつしかめぐ季節きせつなかおもわるかしら

さむふゆにははるのぬくもりおもせず
うたぐったり まよったり こころよわいものですね

しんじていいです はるじょおん
かならきます はるじょおん

ひとつがふたふたつがよっ
気付きづけば庭中にわじゅう あなた

今年ことしもまたきました あなたにてるはるじょおん
うすべにずかしそうに うつむいてれてます
期待きたいしすぎちゃいけないと けれどもゆめてないと
元気げんきがあればなんでもできる あなたらしい笑顔えがお

きてゆきますわたし 何処どこかでささえてあなた
春風はるかぜ糸遊いとゆういてるのはあなたですね

しんじていいです はるじょおん
かならきます はるじょおん

ひとつがふたふたつがよっ
気付きづけば庭中にわじゅう あなた

しんじていいです はるじょおん
かならきます はるじょおん

ふたつがよっよっつがやっ
気付きづけば庭中にわじゅう あなた