「春雷」の歌詞 さだまさし

1984/12/12 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめはちいさなくもだった
それがすこしずつひろがって
やがて大空おおぞらくして いまはるあらし

うそならうそゆるせる
つかねばならないときもある
だれかをきずつけたにしても
らずにだったら仕方しかたもない
かなしいのはおまえむね
かなしい人達ひとたちみたいに
うすあいかさして
こころこごえてるのに

稲妻いなずまそらけば
黒雲こくうんむねしつぶせ
季節きせつてろ ときながれろ こころきとばせ

自分じぶんさえもだましてきられる
おまえのこころがわからない
おんなおんなでなくなれば
おとこおとこでいられない
たとえるならおんなえだ
たとえるならおとこはな
おまえはうつくしくれてゆけ
ぼくうつくしくってゆく