1. 晩鐘歌詞

「晩鐘」の歌詞 さだまさし

1978/2/10 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
風花かざばなが ひとひら ふたひら きみかみりて
そしてあかくちびる沿いに あきわりをしろ縁取ふちど
わかれる約束やくそくつぎ交差点こうさてんけて
まるでながれるみずよう自然しぜんりして 冬支度ふゆじたく
ぼくゆびにからんだ 最後さいごのぬくもりを おぼえていたくて ついまる
きみ信号しんごうれないようむこぎしかってけてゆく
銀杏いちょう黄葉こうよう交差点こうさてんで たったいま かぜまった

かなしみが ひとひら ふたひら ぼくてのひらのこ
ときくしたあわようりそびれた木犀もくせいみたいに
眩暈めまいあとうつろさに つかわしい幕切まくぎ
まるでながゆめをみてた ふとそんながしないでもない
心変こころがわりげる きみ痛々いたいたしくて おもわず言葉ことばさえぎったぼく
きみ信号しんごうれなかっただけ たとえば心変こころがわりひとつにしても
一番いちばんおどろいているのはきっと きみほうだとおも

きみ信号しんごうれなかっただけ ながれにかれた浮浪雲はぐれぐも 桐一葉きりひとは
銀杏いちょう黄葉こうよう交差点こうさてんで たったいま おも出会であった