「本当は泣きたいのに」の歌詞 さだまさし

1992/11/10 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
助手席じょしゅせきのドアを いまけたところ
このドアをじたら 永遠えいえんにさよなら
いてたのんでまで ひきとめたくはない
そんなふうにしか きられないから
うそをつくことも あまえるのも下手へた
まして可愛かわいりなど 上手じょうずわけがない
ひとじつじゅくしてちて やがてあき
つよがりながきてたのよ
本当ほんとうきたいのに

助手席じょしゅせきのドアを いまじたところ
かえりもせずに テールランプがとおざかる
はじめたあめくるまてつ
まじわらないままで サヨナラとえがいた
さびしがりでも あまえんぼうでも
くちさないかぎだれ気付きづかない
きるのが下手へたおんなはいつも背中せなかばかりてる
すがりついてもついてゆきたい
本当ほんとうきたいのに

うそをつくことも あまえるのも下手へた
まして可愛かわいりなど 上手じょうずわけがない
きるのが下手へたおんなはいつも背中せなかばかりてる
すがりついてもついてゆきたい
本当ほんとうきたいのに

つよがりながきてたのよ
本当ほんとうきたいのに