「桜散る」の歌詞 さだまさし

1984/12/12 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
わけはしないでいいよ わかってるから
あいぎること多分たぶん あいさないとおな

いつでもきみだけを みつめてきて
はるにははるあきにはあき
それぞれのはなよう
いつからずらず きみぼく時計とけい
ふたつのはりときをたがえて
季節きせつわるようこい

さくらさくらゆき面影おもかげなぞるよう
さくらさくらる もうきみえないほど

むねっておゆき ぼくあいしたひと
きみあいしたものはすべて
ぼくおなようあいして
いま無理むりだけれど いつか年老としおいたら
きみあいしたひとぼく
あいせるそんなるといいね

さくらさくらおもくして
さくらさくらる もうきみえないほど
さくらさくらゆき面影おもかげなぞるよう
さくらさくらる もうきみえないほど