1. 桜月夜歌詞

「桜月夜」の歌詞 さだまさし

1999/3/25 リリース
作詞
谷村新司
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
さくら月夜つきよ二年にねんさか 薄紅色うすべにいろかぜなか
祇園ぎおんあたりははなやいで 酔人すいじんたちうたなか

あい浴衣ゆかたきみ
ひいて人混ひとごみさけながら
枝垂しだざくらくように
つきかくれてきみ

えるものよりえないものを
もとめつづけた二人ふたりなら
明日あすもなければ過去かこもない
今宵こよいかぎりがふさわしい

永遠えいえんのないように はかなゆめかぜなか
花見はなみ小路しょうじのきらめきも いにしえびとうたなか

あか花緒はなお下駄げた
おとされる東山ひがしやま
せめていちこいにだけ
おぼれていたいはるよる

えるものよりえないものを
もとめつづけた二人ふたりなら
明日あすもなければ過去かこもない
今宵こよいかぎりがふさわしい

爛漫らんまん桜花おうか つきひかりをかくすほど
爛漫らんまん桜花おうか つきひかりけるほど
爛漫らんまん桜花おうか つきひかりをかくすほど
爛漫らんまん桜花おうか つきひかりけるほど