1. 極光歌詞

「極光」の歌詞 さだまさし

1982/12/11 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
いきなりわたしまえすわったあなた
自分じぶんはせっかちだからとわけなが
まえからきみきでしたと突然とつぜん告白こくはくしたあと
わたしのコーヒーを一気いっきした
そのあとの強引ごういんさときたらひと返事へんじ
きかずにすっかり一人ひとりりあがり
山岳部さんがくぶなさい やまはいいから 本当ほんとうにいいからと
らないうちに まるまれてた
自然しぜんはとてもおおきいって それが得意とくいのフレーズ
人間にんげんせまっかのなかきずつけあうのを しずかにてる
大空おおぞら ひろ大空おおぞら いつかカメラマンになって
こいつにちかづくと かがやかせてた
あなたをあいしてづいた どんどんさきあるいて
ってしまうあなたを いかけるのは大変たいへんだわ

おい結婚けっこんするぞ そしてアメリカへゆくぞと
いっぺんにふたつ びっくりをつきつけて
それから おれ仕事しごとやめたぞ カメラマンになるんだと
こしけなかったのが奇跡きせきだわ
そのあとのあなたはゆめとおりにあるいて
とうとう本物ほんもののカメラマンになった
グランド・キャニオンもたにも みんな友達ともだちにして
らないうちに まるんでいた
自然しぜんはやはりすてきだ だけど不安ふあんがひとつ
もっとおおきなものがりたくなって
おれはどこまで けばいいのか
オーロラ それはオーロラ 地球ちきゅうゆめるんだ
こいつがそうだと かがやかせてた
あなたをあいしてづいた どんどんさきあるいて
ってしまうあなたを いかけるのは大変たいへんだわ

アラスカで あなたが突然とつぜん空気くうきになったと
そんなこと しんじられるとおも
飛行機ひこうきのプロペラがまわっているのにづかないほど
オーロラに夢中むちゅうだったのね
あなたののこしたものは にもうつくしい
地球ちきゅうゆめている写真しゃしんと それからこのわたし
オーロラ それはオーロラ なんてせっかちなあなた
オーロラにあいされて オーロラになってしまった
あなたをあいしてづいた どんどんさきあるいて
ってしまうあなたを いかけるのは大変たいへんだわ