1. 檸檬歌詞

「檸檬」の歌詞 さだまさし

1978/8/10 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
日湯島聖堂ひゆしませいどうしろ
いし階段かいだんこしかけて
きみ陽溜ひだまりのなかぬすんだ
檸檬れもん ほそでかざす
それをしばら
みつめたあと
きれいねとった
あとかじ
ゆびのすきまからあおそら
金糸雀色カナリアいろかぜ
べかけの檸檬れもん
聖橋ひじりばしからほお
快速電車かいそくでんしゃあかいろ
それとすれちが
川面かわも波紋はもんひろがり
かぞえたあと
ちいさな溜息混ためいきまじりに
かえ
ときには
こうして出来できるだけ
とおくへげるものよ

きみはスクランブル交差点こうさてん
ななめに わたなが
不意ふいなみだぐんで
まるでこのまち
青春達せいしゅんたち
姥捨山うばすてやまみたいだという
ねェほらそこにも
ここにも かつて
使つかてられた
あいちてる
ときながれというはと
りて
それをついばんでいる
べかけのゆめ
聖橋ひじりばしからほう
各駅停車かくえきていしゃ檸檬色れもんいろ
それをかみくだく
二人ふたり波紋はもんひろがり
かぞえたあと
ちいさな溜息混ためいきまじりに
かえ
ときには
こうしてあっけなく
しずかにちてゆくものよ