「流星雨」の歌詞 さだまさし

1997/11/21 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
いつかきみえたらげたいことがある
どんなときも 片時かたとききみのことわすれずにいたと

かなしいときはかなしくせつないときはせつなく
いつもいつも ずっといつも きみかたりかけていたと

あいはひとときのまぼろしのでなく
永久えいきゅうにめぐり季節きせつのようなもの

きみおしえられたあのよる そらりしきった流星雨りゅうせいう
ふたり ときえた あの一瞬いっしゅん

いつかきみえたら げたいことがある
どんなときも なにごとも あきらめずにきてきたと

なつぎればあきかぜかならおとず
ふゆれば しんじていい いつかかならはる

あいはつかのあさゆめのなごりでなく
永久えいきゅうせてかえ水辺みずべなみのよう

きみ約束やくそくしたあの夜空よぞらくした流星雨りゅうせいう
いまあいしている きみいたい