「窓」の歌詞 さだまさし

2007/9/12 リリース
作詞
さだまさし
作曲
寺岡呼人
文字サイズ
よみがな
hidden
病室びょうしつせままどから 街路樹がいろじゅはなおとこえる
みどりおとてずに ひとあめごとにふかまる
四角しかくまどそらへ あなたはためいきついた
そのきりなげにくも笑顔えがおまもりたいとおも
ふるさとへかえろうか さびつぶやくけれど
あなたとらすまちが いつもわたしのふるさと
マロニエのはな真白まっしろさと
生命いのち目映まばゆいね あなた

一番いちばんつらいはずの あなたがわらってるから
窓辺まどべはなえよう 未来みらいいろのポピーに
すこまどけたら はるとりこえた
わたしでかまわないなら ずっとはなれないよ
希望きぼうがれ たかたかくもっとたか
いつまでもそばにいるよ いままでもこれからも
大丈夫だいじょうぶふたりの歩幅ほはば
すこしずつあるこう

頑張がんばりすぎないで でもけっしてあきらめないで
つよゆめならばきっと
いつかかならかなうから