1. 立ち止まった素描画歌詞

「立ち止まった素描画」の歌詞 さだまさし

1979/4/10 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
わかれたんだってねかれとまるであっけなく
ぼくとのときようきみからして
一寸ちょっと買物かいものかけるよう調子ちょうし
ふらりと部屋へやたにまってる
いい加減かげんに『しあわせ』のやつ
妥協だきょうしてみたらどうなんだ
わすれちゃいけないもしきみ
地図ちずにないまちさがしたきゃ
はじめに地図ちず必要ひつようだってこと
きみぼくまえ一度いちど
みたはずなのにきみ
スケッチ・ブックに素描画そびょうがだけませたら
色付いろづけのまえすくりかえ

たしかにこのはとてもむなしいことだらけ
だからといってげていいものだろうか
ぼくえらそうにえた義理ぎりじゃないけれど
やさしいくせにあくぶるのはお
はしつかれたらおある
あるつかれたらおやす
やがてやすつかれたなら
どうせまたはしりたくなるさ
ファッションだけではかたくせない
きみぼくもひとつふたつ
それなりのゆめがある 多分たぶん
人生じんせいってやつはかなしいよね でもごらん
よくりゃまんざらてたもんじゃない