1. 線香花火歌詞

「線香花火」の歌詞 さだまさし

1976/11/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとつ ふたつみっつ
ながぼしちる
そのたび きみは
むねまえ
よっつ いつつむっつ
ながぼしえる
きみのねがいは
さっきからひとつ
きみは 線香花火せんこうはなび
いきを こらして
むしえそうな
ちいさなこえ
いつ かえるのと きいた
あれが カシオペア
こちらは白鳥座はくちょうざ
ぽつり ぽつりと
ぼくゆびさす
きみは ひととおり
うなずくくせに
みつめているのは
ぼくかおばかり
きみは 線香花火せんこうはなび
けむりに むせたと
ことりと せきして
なみだを ぬぐって
おくの あとは
しずかねって

きみの浴衣ゆかたおび
ホタルが一匹いっぴきとまる
露草模様つゆくさもよう
しんじたんだね
きみへのかくし
みたいに
両手りょうてでそっとつつむ
くすりゆびから
するりとげる
きみの 線香花火せんこうはなび
ふるえる
らしちゃ 駄目だめだよ
いってる そばから
火玉ひだまが ぽとりと
ちてジュッ