1. 草枕歌詞

「草枕」の歌詞 さだまさし

1985/12/21 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
さびしさにえかねて まどをあければ
西にしかたむ月影つきかげあおくふちどられて浮浪雲はぐれぐも
とおくで枕木まくらぎたびをかぞえている

わたどりみなみそらをめざして
かえるあてのないたびる オリオンのむねかすめなが
こがらしいきめ かばうようにむし

よろこびのなかに かなしみがあるように
かなしみのなかから よろこびがまれる

なが坂道さかみちがあり そこでまれて
いとなみをかさきてかえりもせずある
いつしかがつけば そこもまだ さか途中とちゅう

おもえばひと出会であい いつかあい
うたがいそしてにくゆるいまた あい
見失みうしないめぐりすべ草枕くさまくら

よろこびのなかに かなしみがあるように
かなしみのなかから よろこびがまれる

ひがしぞらにやがてあさまれる
よるはかならずけてゆく きずかならず いえてゆく
ころんでもたおれても そこもまだ さか途中とちゅう