1. 虹の木歌詞

「虹の木」の歌詞 さだまさし

1984/12/12 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
空港くうこうなが回廊かいろうきみかたさえけずに
途切とぎ途切とぎれの言葉ことばときはゆく 28ばんゲート
りからかぜかれてにじはなびらが
まるでとおくであめごとく キラキラとひかってた

わなければ」とぼく何気なにげなく独白どくはくけば
えたから」ときみちいさなこえでさえなが
あふれるなみだぬぐいもせずに
それでもまぶしそうにわらった
そしておたがいがおもとすれちがうのを
みつめあっている

足早あしばやぼく背中せなかきみこえ「ALOHA MAHALO」
ふりかえればまだきみはそこに
ちぎれるほど

タべタンタロスのおかでみつめた ホノルル・シティ・ライツそれから
きみかみいたプルメリア かぜれる「月下美人草ないとみんしゅりあす
そしてミシェルの窓辺まどべ波打際なみうちぎわのガスとうみつめ
ピアノにせてきみうたようぼくにさよならとった

おもえばきみからは うばうことばかりで
あたえるひとつもない片肺飛行かたはいひこうゆめだった
だからしずかにこおりがとけてゆくよう
おだやかにつかれたのはきみ
すべもなく一輪いちりんはなれてゆくのを
見送みおくるのはぼく

フリーウェイでふとそらあおげば きみせた飛行機ひこうき
丁度ちょうど真珠湾しんじゅわんあおそら
ゆっくり横切よこぎところ