1. 親父の一番長い日歌詞

「親父の一番長い日」の歌詞 さだまさし

1979/10/12 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
おばあちゃんは
夕餉ゆうげ片付かたずけをえたとき
おとうと二階にかい
ゆりかごのなか
ぼく親父おやじ街頭がいとうテレビの
カラテ・チョップが
白熱はくねつしたころ
いもうと誕生たんじょうった
それから親父おやじ
うらないのほん辞書じしょ
くびっぴきで
じつ一週間いっしゅうかんもかけて
むすめのためにつまりは
きわめて何事なにごともない
ありふれた名前なまえ
つけした
七夜しちや 宮参みやまい
夫婦ふうふ自画自賛じがじさん
可愛かわいむすめだと
はしゃぎまわるけれど
ぼくにはひいきても
しわくちゃの失敗作品しっぱいさくひん
やがて彼女かのじょおとずれる
不幸ふこうむねいためた um..
兄貴あにきとして um
いもうとまれたころ

世辞せじにもゆたかな
状態じょうたいでなかったが
暗闇くらやみなか
なにかをきっかけに
あかりえることがある
そんな出来事できごとだったろう
親思おやおもこころまさ
親心おやごころとやら
そんなわけいもうと
ほんのかけらも
みじめなおもいをせずに
そだてられた
ただかお親父おやじ
たことをのぞけば
七五三しちごさん 新入学しんにゅうがく
夫婦ふうふ狂気乱舞きょうきらんぶ
あかいランドセル
背負しょってか背負しょわれてか
学校がっこうへの坂道さかみち
足元あしもとふらふらりてゆく
一枚いちまいのスナップが
いまむねのこってる um.
兄貴あにきとして um
血筋ちすじいもうと
あしだけははやくて
学級対抗がっきゅうたいこうリレーの
花形はながた
もっとも親父おやじ
応援おうえんのすごさに
相手あいておくれをして
随分助ずいぶんたすけられてはいたが
これも血筋ちすじ
かなりの演技派えんぎは
学芸会がくげいかいでも
ちゃんとやくをもらった
親父おやじよろこびは
うまでもない
たとえそのやく
一寸法師いっすんぼうし
赤鬼あかおにやく
あったにしても
妹 才気渙発いもうとさいきかんぱつ
夫婦ふうふ無我夢中むがむちゅう
反抗期はんこうきぎて
赤飯せきはんいて
中学ちゅうがくはいれば多少たしょう
おんならしく
なるかもれぬと
家族かぞくあわ期待きたいあっさり
裏切うらぎられてがっかり um...
兄貴あにきとして um
いもうと初恋はつこい
高校二年こうこうにねんあき
相手あいてのバレー
キャプテンは
よくあるケース
結局言けっきょくいせるはずもなく
枯葉かれはごとったこれも
またよくあるパターン
彼氏かれしのひとりも
いないとはなさけないと
親父おやじはいつも
わらばしてはいたが
時折ときおりかかる電話でんわ
一番気いちばんきにしていたのは
とう親父自身おやじじしんだったろう
危険きけん年頃としごろ
夫婦ふうふ疑心暗鬼ぎしんあんき
些細ささいいもうと言葉ことば
れていた
いま一番幸いちばんしあわ
なひとときもすこ
このままいさせてと
いのっていたのでしょう um
親子おやことして um

ひとりの若者わかもの

"おじょうさんをぼくください"
った
親父おやじ言葉ことばうしな
頬染ほほそめうつむいた
いつのにきれいに
なったむすめつめた
いくつものおも
親父おやじなかをよぎり
だからつい
あんな大声おおごえさせた
はじめて親父おやじ狼狽ろうばい
いもうと大粒おおつぶなみだ
家中いえじゅうときまった
とりなすおふくろ
とりつくしまあたえず
こえふるわせて
親父おやじはかぶりをった
けれどいもうと真実ほんとう
時目ときめふか
いきをしてちいさなこえで..
"わかったむすめ
くれてやる
そのかわり一度いちどでいい"
"うばってきみきみ
なぐらせろ"とった um..
親父おやじとして um
いもうとえらんだおとこ
間違まちがいはないと
しんじていたのも
やはり親父おやじだった
花嫁父はなよめちちしずかに
むすめをとり
祭壇さいだんまえ
ゆるやかにった
ウェディング・ベルが
避暑地ひしょち教会きょうかい
わたとき
ぼく親父おやじていた
まぎれもない父親ちちおや
なみだ行方ゆくえぼく一生いっしょう
わすれないだろう
おもかかえて
ふくろつづ
なみだでかすんだ
なかぼく
いままでで一番いちばん
きれいないもうと
一番立派いちばんりっぱ親父おやじ姿すがた
きざもうとしていた um
兄貴あにきとして um......
息子むすことして