「賢者の贈り物」の歌詞 さだまさし

2007/9/12 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
きみがレジのまえかえった
そのとき あらためてきみきだとおもった
これまでにもつらときにはかならぼくささえてくれてた
とおかすかにながれてるクリスマスソング
そのとき ぼくきみやさしくわらった
その笑顔えがおまもりぬけるかどうかを ぼくいまためされてる
淡紅うすくれないのシクラメンが きみむねかれて
蝋燭ろうそくのようにゆらりれた
ぼく真心まごころいかけるように
メリークリスマス

きみにクリスマスになにおくろうかと
いままで かんがえてとてもなやんでたんだ
かねでもものでもない素晴すばらしい なにかをずっとさがして
淡紅たんこうきみほおぼくおしえてくれた
きみのその笑顔えがお まもることが
一番いちばん大切たいせつおくもの

きみがレジのまえかえった
そのとき あらためてきみきだとおもった
その笑顔えがおまもりぬけるかどうかを ぼくいまためされてる
ぼくいまためされてる
約束やくそくするよ メリークリスマス