「転宅」の歌詞 さだまさし

1976/11/25 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
親父おやじはじめてけて おおきないえはらった
ゆびのささくれくみたいに うしきで荷作にづくりをした
いやなおもみんな のこしてゆきましょうと
とこ掛軸かけじくまるながら かあさんがった
丁度ちょうどかくれんばで いきひそめて
おにぎるのをつみたいで
なにくなった部屋へやでは
おばあちゃんが たたみふいてた

それからうつんだのは 学校がっこう裏通うらどお
そこではじめていえごす 親父おやじ背中せなか
ひとつおぼえているのは おばあちゅんが
けたままじゃないだろうと わらながったこと
人生じんせいうしお
たかとおもえば またげてゆく
くしたかとおもえばまた
いつのにかもど

そのあとはも一度いちど いえわることになる
一番いちばんよろこぶはずのひとわなかったけれど
人生じんせいうしお
たかとおもえば またげてゆく
くしたかとおもえばまた
いつのにかもど