1. 長崎小夜曲歌詞

「長崎小夜曲」の歌詞 さだまさし

1982/9/11 リリース
作詞
さだまさし
作曲
さだまさし
文字サイズ
よみがな
hidden
つかれたときには かえっておいで
都会とかいおぼれた やさしいかもめ
ためいき終着駅しゅうちゃくえき改札口かいさつぐちあずけておいで
かなしみはいつか 紫陽花あじさいよう
おだやかにいろえてゆくはず

西風にしかぜにのせて うたってごらん
このまち黄昏たそがれは とてもやさしい

NAGASAKI-CITY SERENADE おやすみぼく
NAGASAKI-CITY SERENADE いとしいかもめ

傷口きずぐち多分たぶん 坂道さかみちみたいさ
のぼりにするか くだりにするか
あしためよう

あいおもさや ゆめ値段ねだん
かぞえるほどさびしいとき
石畳いしだたみ教会きょうかい屋根やねを すりけておかがってごらん
宝石箱ほうせきばこげたよう
みなとよるきしめてごらん

大空おおぞらふかよこたわるかわ
このまちそそんで ひかうみになる

NAGASAKI-CITY SERENADE おやすみぼく
NAGASAKI-CITY SERENADE いとしいかもめ

傷口きずぐちはすべて 坂道さかみちづたいに
あしたのあさ れたうみ
ながしてしまおう

NAGASAKI-CITY SERENADE おやすみぼく
NAGASAKI-CITY SERENADE いとしいかもめ